三田市弥生が丘(フラワータウン)の内科で、高血圧症、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病や甲状腺疾患、消化器疾患、循環器疾患、呼吸器疾患などの一般内科の治療を行なっています。-----(((主にジェネリック薬を院内処方しておりますが、先発薬の処方も可能です。)))-----(((火曜日、木曜日は午後8時まで診療しています。)))------------------------------(((禁煙治療やED(勃起不全)治療、AGA(男性型脱毛症)治療も行なっておりますので、気軽にご相談ください。)))---------------

一般インフルエンザ予防接種

一般インフルエンザ予防接種

検索でこのページに入られた方は、左上の「インフルエンザ予防接種」に移って頂き、注意を読んで頂いてから申し込んでください。

一般の方の接種料金は1回目3000円当院での2回目3000円です。

予診票記入時の注意事項
(予診票はダウンロードして印刷できます。)

①説明文(インフルエンザワクチンの接種について)を読んで予防接種の効果や副反応などについて理解して下さい

②記入は必ず黒か青のペンまたはボールペンで記入して下さい。(鉛筆では記入しないで下さい。)

③特別な病気で(予診票5)他院で治療中の方は、その主治医に予防接種を受けてよいかどうか確認して下さい。

主治医に確認できない場合は、他院で薬の処方をされている場合、処方内容がわかるもの(お薬手帳など)か薬の実物を持参して下さい。接種可能かどうかは当院で判断します。


その他の注意事項

メガネが必要な方は必ず持参して下さい。(診察室でも使用します。)

上腕が露出しやすい服装でお越しください。接種は利き腕でない方の上腕外側に接種します。

朝必ず体温測定を行い、体温が37.5度以上ある方は、当日接種を見送らせて頂きますので、必ず当日午前中に連絡をして下さい。(可能なら、予約の取り直しも行います。)

ただし、この体温は予診票に記入しないで下さい。(当院で接種直前に測定した体温を当方で記入します。)


痛み止めや熱さましを処方されている方は、接種当日の薬は服用せずに来て下さい。(服用されて来院されますと接種前の体温(37.5度以内)が確認できないために接種することができません。

解熱作用のある薬かどうかは「解熱作用のあるお薬」をクリックして確認して下さい。

1か月以内に手術をされる方も予防接種ができません。
理由として、ワクチンうつと、体はそのワクチンに対する抗体(ワクチンを攻撃する物質)というものを作ります。
ただ、この際に体には多少負担がかかります。(ワクチンを打った後に熱が出たりする理由です)
こういう負担がかかった状態で手術や麻酔をすることは体にさらに追加での負担を強いることになり、よくないといわれているからです。

⑥今までにインフルエンザ予防接種後、2日以内に37.5度以上の発熱を生じた方は予防接種が出来ない場合があります。

「接種後の注意」もクリックしてご覧ください。

わかりづらい説明を最後まで読んで頂いて有難うございました。

ワクチンを電話で申し込まれる場合は「当院のホームページを見て電話を掛けた」とお伝え下さい。

接種についての注意などの説明を省略させて頂きます。

画像の説明

↑↑

画像の説明

↑↑

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional